2020年06月29日

7月園だより

m_letter.jpg

新年度がスタートして4週間が経とうとしています。

 既にお弁当や給食も始まって新入園児も含めて、子ども達の笑顔が随所で見られるようになりました。しかしその一方で、自宅で過ごす生活が長かったことで、その間の家庭の居心地の良さから、園での生活に少し違和感を感じている子もいるかもしれません。どの子においても、その子なりのペースで幼稚園が好きになって、毎日目的を持って登園できるように、もう少し子どもに寄り添って見守っていきたいと思います。

 また、当園では新年度早々より全園児揃っての登園形態を取らせて頂いております。この主旨は前月のお便りでお知らせした通りですが、小学校などの各教育機関では、これまで3密にならないように配慮がなされてきました。幼稚園に於いても子どもの安全と安心を守る気持ちは、各機関と全く変わりがありません。一方で園として、子ども同士の接触以外での部分においては、引き続き細心の注意を払っていきたいと思いますが、ご家族の健康管理と感染予防への適切な対応がとても大切となります。ぜひ、引き続き宜しくお願い致します。

 さて、今年は年間を通して予定されている行事や活動の多くが中止や内容の変更をせざるを得ない状況にあります。これはやむを得ないことですが、活動によっては視点を変えたり工夫をすることで、例年通りにはいかないまでも充実した時間となったり、目標に近づける活動になると思います。例えば、この時期ならではのプール遊びも今年は実施出来ませんが、夏の陽射しの下で水に触れる楽しさを感じられることが出来ないか、色々工夫して実践していきたいと思います。こう言った一つ一つの取り組みを出来るだけタイムリーにお伝え出来ればと考えておりますので、保護者の皆様のご理解を宜しくお願い致します。

 また、7月は4・5月の休園を補填する主旨で月末まで保育を行ないますが、現状を鑑みますと、それぞれの家庭のご都合に応じて、適宜お休みを取って頂き、ご家族揃っての夏らしい思い出創りをされたら如何でしょうか。皆様の中には「これまで十分休んだから・・・」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、実は皆様も共感頂けると思いますが、子どもには確かに幼稚園がお休みでしたが、自宅内での生活が長期間に及びましたので、その間少なからず不自由さを感じてきたのではないでしょうか?特別なことや無理をする必要はありません。家の周辺や少し足を伸ばしたところには、きっと素晴らしい環境があるはずです。どうぞ、ウイルス感染には十分に気を付けつつ、夏らしい豊かな自然を、或いは気に入ったことにじっくり取り組んでみて下さい。その時に大切にして頂きたいことは、本当に自分のやりたいことかと言うことと、仮に途中で挫折したり失敗しても、悪いこととして捕らえるのではなく、どうしてそうなったかを振り返り、次に生かしていこうとすることが大切なのだと思います。もう一つ気を付けたいことは、失敗を問い詰めたりすると、子どもは萎縮したり、意欲的に取り組もうとする気持ちが萎えてしまうかもしれません。

 そして、出来たらお父さんお母さんも何かに挑戦して、親子で時に励まし合ったり競争するのも楽しいかもしれません。

 ぜひ、この夏休みは「挑戦と意欲が育つ生活」を目標にし、有意義にお過ごし下さい。

【園だよりの最新記事】
posted by 管理人 at 00:00| 園だより

2020年06月02日

6月園だより

 緊急事態宣言が全面解除され、いよいよ令和2年度の新学期が始まることとなりました。お子様は勿論のこと、保護者の皆様においても、この時を待ちわびていらっしゃったことと思います。

 ただ、心配なことは新型コロナウイルスの被害が拡大することなく、収束に向かっていくことを願いつつ、宣言が解除されたからといって、すぐ以前のような動きをするのではなく、自粛を心掛けて、一日も早く収束となりますよう皆さんでもう少し頑張りましょう。私達教職員も臨時休園中に於いても監督官庁や行政の動向に注視しながら、こども園としてどのように対応するのが相応しいのか頭を悩ませる日々でした。前例のない事態に対応すべく教職員と共に教育課程を作成したり、園生活の新しいあり方や行事等の見直しを行ないました。また、お休み中にお子様がご家庭で取り組めるようにと「お楽しみセット」を教職員が協力して送付させて頂きましたが、ご活用頂けましたでしょうか?

 さて、今年度は園での保育活動や行事の取り組み方が、大きく変わることになります。突然振りかかかった災難とは言え、その危険を最小限に抑えるためにも、園として出来るだけのことを積極的にやらなければならないと考えています。この状況に対し、極端に恐れ過ぎず、常に正しい情報を得ながら、最善を尽くす体制をとっていかなければなりませんが、その大前提として、幼稚園は幼児教育の場で有り、人間として最も基礎的な力を育む場であるということを、忘れてはいけないと言うことです。

 つまり、幼児の特性を考えた時、手を繋いだり、触れ合うことをさせないようにすることは大変困難ですし、それをルールで縛り無理矢理避ける事は幼児教育の根幹を揺るがすことにもなりかねません。特に人間関係と言う幼児教育の大事な視点から考えますと、子どもは仲間の中で初めて本当の安定を知ることが出来ます。例えば砂場で同年齢の子どもが遊んでいると、保育者の手を離して砂場に入り込んで、おなじようなあそびを始めることがあります。取り立てて一緒に遊ぶ訳ではないのですが、同じような遊びを続けます。しかし、その子がいなくなると、今度は保育者に一緒に遊ぶことを求めたりします。或いは保育者と一緒に園庭に出たあと、友達に誘われるままに遊び始めましたが、保育者の姿が見えなくなると、途端に探し始めて姿を発見すると、もとの遊びに戻っていく姿もあります。これらの場面から見えてくることは、子どもは様々な人との関わりの中で安定し、初めて自由に行動できるのです。また、例年新年度当初には、お友達と関わっての遊びに疲れると、ふらっと職員室に来て何気ないおしゃべりや、置いてある玩具でひとしきり遊んだ後、お友達の中に戻っていく子もいます。 

 子どもは先ず一番身近な家族の中で、また幼稚園という集団の中で、一緒に遊び、一緒に生活をしていく中で本質的な仲間としての関係を築いていきますので、幼稚園での子ども同士の関わりについては、従来の環境を維持することがとても大切だと考えます。

 一方、今年度の行事や活動に於いては大人同士の密集や参加の仕方でも三密にならないように注意が必要と考えます。同じように父母の会活動に於いても、拡大防止のお願いをさせて頂くことになります。これらの判断は、保育の質の確保と、子ども達や保護者の皆様の安全と健康を守るための判断であるとご理解頂けたら幸いです。いずれにしろ、一日も早い完全に近い形での終息と平穏な日常への回復を皆様と共に願いつつ、新しい園生活の形と保育活動の取り組みに対して、保護者のご理解とご協力を心からお願い申し上げたいと存じます。

 最後に、間もなく梅雨の季節を迎えます。子ども達にとっては室内で過ごすことが多くなります。室内でも充実した生活が出来るように、知恵を出しながら、先ずは子ども達との信頼関係を築いていきたいと考えます。

posted by 管理人 at 00:00| 園だより

2020年04月08日

令和元年度 学校関係者評価

学校関係者評価 公表資料


2019年2月17日(月)、3月27日(金)学校関係者評価委員会を招集。
学園の教育活動や教職員の自己評価の結果についての評価、意見交換を実施した。
以下、学校関係者評価委員会でのまとめ、学園としての来年度への取り組み目標などについて公表する。


1.緑ヶ丘学園 教育目標心豊かにたくましく

豊かな感性に裏付けられ、健やかな心と体を持った子ども
自分の力で考え、行動できる、積極的で粘り強い子ども
生きいきした個性を持ち、仲間を大切にし、皆で力を合わせる喜びを知っている子ども

2.保護者(みどりの会、若葉会)へのアンケート

まとめ
ほとんどの項目で、「@できている」との回答を頂いた。
比較的、「Bできていない」や「Aどちらともいえない」回答が多い項目は、
数量図形、文字などに興味が持てるような活動を取り入れていますか。
園舎や遊具などが安全な設備となっていますか。
 ↓
数量図形、文字などに興味が持てるような活動を取り入れていますか。

(学園として取り組むべき課題)
実際に園では、毎日の絵本の読み聞かせ、なまえカードでの文字遊び、わらべうた、数え歌などで、ものや人の数え方の認識や概念を学ぶ。更に、農作物を収穫しどう分けて食べるかを考える等園生活の中で子ども達が必要感をともない、数や重さの概念を実践から学ぶ機会を作っている。このように園生活のなかで遊びや子どもの好奇心を通して数量図形、文字などに興味が持てるように計画的で多面的な教育活動を行っている。

これらの活動は、幼児教育の特徴といえるアクティブラーニングであるため、机上で教え込まれる学習とはかけ離れている。その点の理解が得られず、保護者が学習不足と感じている可能性がある。

では、実際に上記のような活動を保護者にどの程度伝えることができているかを振り返ると、課題が見えるのではないか。今年度を振り返ってみても、年長のクラスたよりでは活動の紹介をしているクラスもあるが、これらの活動が数量図形、文字に興味を持てるような活動として意図的なものとして紹介されていないため、保護者にはわかりにくかったと考えられる。

(来年度へ向けての具体的な取り組み)
子どもの発達に応じて、数量図形、文字に興味を持てるような活動を行っていることを保護者へ伝えていくこと。

具体的な活動の紹介、活動の意図を説明する必要がある。方法としては、クラスだより、園だよりなどをより活用する。

園舎や遊具などが安全な設備となっていますか。

(学園として取り組むべき課題)
両園とも、園の方針として子ども達が自然の中でのびのび遊べる環境、子どもにとって少し難しいことに挑戦できる教育環境をあえて提供していることに要因があると思われる。

よって、設置してある遊具は年齢や子ども個人の身体能力によっては多少難易度が高く、遊び方を間違えたり、子どもが油断しているとケガ発生の可能性があるものもある。しかし、それは、幼児期の子どもたちの能力を心身ともに最大限成長を促すために必要な機会としてあえて設置し、環境を提供しているものである。

保護者には、これらの園の方針をしっかりと伝えていく必要がある。また、安全な設備かどうか判断する基準として、園内のすべての遊具を専門業者に依頼の上定期的に点検し、必要があれば修繕と改善を行っていることを保護者へ伝えていなかったことも課題である。

(来年度へ向けての具体的な取り組み)
 子どもの成長のため、難易度の高い遊具を設置していることを保護者へ伝えていくこと。遊具の利用時に、教職員が適切に見守り、介入していることも説明する。

 今回の学校関係者評価の結果報告のなかに、宮本遊具の定期点検の結果を公表し、修繕報告を行う。

 →宮本遊具 定期点検・修繕結果 参考書類については、各園の掲示板をご覧下さい。


3.教職員の自己評価

本学園では、毎年度末に(社)私立幼稚園連合会の編集している学校評価チェックリストを参考に本学園独自のチェックリストを作成し、それを活用して教職員の自己評価を実施している。

(学園として取り組むべき課題)
厚木緑ヶ丘幼稚園
・教師の役割・資質向上
・地域住民や関係機関との連携

はやし幼稚園
・教師の役割・資質向上
・子育て支援

(来年度へ向けての具体的な取り組み)
・教師の役割・資質向上(両園)

その場にふさわしい言葉遣いができる。
→マナー講習の実施。受講の補助などを検討。

研修に行った先生の研修内容は、全員に紹介される。
→研修終了後、報告会の実施。研修報告書の回覧を実施する。


・子育て支援(はやし幼稚園)

幼児のことについて相談できる専門機関がある。
→厚木市の療育支援施設まめの木などを、全職員へ紹介。

職員自身も、まめの木へ相談できることを再確認。
まめの木の研修などへ積極的に参加できるようにサポートする。

・地域住民や関係機関との連携(厚木緑ヶ丘幼稚園)
地域のお年寄りとの交流を大切にしている。

→この項目については、特に緑ヶ丘教職員の配点が低い状況だが、実際には緑ヶ丘幼稚園のうんどう会には地元敬老会の会員が多く参加している。ふるさと祭りでの地域との交流、あるいは、日常的に園外の畑や近隣の公園等へ出かけた折に、地域住民との出会いもあるので、その時に挨拶等を交わすことも交流と考える。

学園としては、これらの機会を地域のお年寄りとの交流と考え年間活動としている。職員にも、これらの活動が“地域のお年寄りとの交流“と改めて認識してもらうことで、改めて保育計画、保育内容を見直す必要がある。

4.学校関係者評価

保護者、地域住民等により構成された学校関係者評価委員会が、学園の教育活動の観察や意見交換等を通じて学校を評価した。

まとめ
学校関係者のアンケート結果を見ると、多くの項目で@できているとの評価を頂いた。
ご意見として、「園の取り組みの方向性は素晴らしいが、大勢の職員一人ひとりに自覚が行き渡っているかどうかが難しいのではないか」というものがあり、学園としても来年度の課題として大切なところをご指摘いただいている。


5.総まとめ

今まで、職員の自己評価と保護者からのアンケートは毎年実施していたが、適切な公表までできていなかった。

今年度は、学校関係者評価委員会を立ち上げ、学園の運営を包括的に見直すことができた。

今回の評価を来年度やその先に活かして、より良い保育の実践と子ども達のための学園運営がなされるように、学園全体として組織的に取り組むべきことを把握し、教育活動の充実・改善・向上に努めていきたい。

また、これらの評価結果を広く公表することで、地域を含めた全ての関係者と課題を共有することができる。子ども達のために、保護者との連携を深め、地域住民の理解を促進し、しいては地域の子育て環境の向上を目指していくものである。


緑ヶ丘学園
posted by 管理人 at 00:00| 緑ブログ