2020年10月29日

11月園だより

ブログアイコン.jpg

園庭の木々の葉が日増しに色づいて、本格的な秋の到来を感じます。その下で、子ども達は運動会に向けて楽しんできたリレーを学年に関係なく楽しんだり、障害物を繋げたサーキットをはじめ元気にチャレンジで挑戦してきた種目に意欲的に挑戦する姿を見ることが出来ます。先日数人の年長児が、跳び箱6段が飛べるのでぜひ7段に挑戦したいので、7段の跳び箱が欲しいと訴えてきました。そこで先生が見ているときだけ挑戦できる条件で、7段目を作製しました。すると、早速挑戦が始まり何人かは7段も飛べるようになったようです。子ども達の意欲的な姿に驚くと共に、頼もしさを感じました。

 さて、既にご案内の通り11月上旬に予定されている“わくわく週間”のお知らせに続く第2報と言うことで、新たに決まった事をお伝え致します。先ず前号の最後にお伝えした、わくわく週間のために新しく作ったクラス名・メンバー・担当の保育者等の事柄は、2日にお手紙を出す予定で進めておりますので楽しみにお待ち下さい。

 さて、各学年の子ども達がどのようにして、新クラスに合流していくかをお伝えしますが、最初にお話したいことは、幼稚園は子ども達に豊かな遊びの場を出来るだけ提供していくことが大切だと考えています。此までもお伝えしていることですが、幼児期の子どもの成長にとって遊びが必要欠くべからずのもので、子ども達は遊びを通して周囲のことについて、興味や関心を持ち、その中で様々なことを模索し、試行錯誤しながら自らの考えやどう行動したら良いかということを学んでいくものです。さらに幼稚園という環境の中で友達と一緒に色々な物を作り出すことの面白さや協力することの大切さ、さらには集団生活をする上でのルールを自然と学んでいきます。そこで今回のわくわく週間では、此まで主に同年代の友達との関わりを深めてきた子ども達が、この活動を通しては異年齢の友達との出会いの環境を作り出すことにより、新たな発見や気づきを感じてほしいと願っています。

 そして、ここで大切なことは、異年齢のお友達との出会いが出来るだけ自然な形の中で行えればと思います。そうしないと最初の緊張した気持ちがそのまま続くこととなってしまい、その後の生活に多少なりとも影響があると考えるからです。

 次に大まかな一週間の流れですが、わくわく週間が始まるまでの間に、年長さんだけで新しいグループに分かれて、保育者と一緒に2日に皆様にお知らせする内容や、年中少児を迎える準備のための相談をしていきます。
そして、わくわく週間ですが、年長、年中、年少それぞれの新クラスへの加わり方に時差を付けます。初日4日は、全学年従来のクラスに登園後年長児だけ新クラスに移動して活動がスタートします。年中児は昼食時だけ新クラスに参加し、その後現クラスに戻ります。2日目も現クラスに登園しますが、そのあと両学年ともに新クラスでの活動がスタートします。3日目は、両学年とも登園時から新クラスに登園します。一方、年少児もこの日から前日の年中児と同じように、昼食だけ新クラスに合流してその後現クラスに戻り降園となります。週が変わり4日目も3日目の年中児と同じような流れで、新クラスに合流し、この時点で3学年が揃っての活動がスタートしていきます。その後の詳細は、お便りでお伝えしていきます。

 最後に、改めてお伝えしたいことは、この活動を通して何かが出来るようになったとか、他者に対して優しい気持ちが育った等といった成果を期待するのではなく、友達や異年齢の仲間をより身近に感じ、そこから新たな人間関係や共に活動することの難しさを知り、その先にある喜びに出会える活動になればと考えております。是非このことについてご理解を宜しくお願い致します。
posted by 管理人 at 14:37| 園だより