2021年01月28日

2月園だより

ブログアイコン.jpg

 1都3県に出された緊急事態宣言の再発令から、間もなく3週間を迎えようとしていますが、新規感染者の数は減少傾向となっております。しかし、病床の使用率は依然高い状況が続いています。あと一月余りすると予防接種も始まり、状況も好転する事が望めますので、ゴールも見えてきたように思います。皆さんでもう暫く頑張りましょう!

 さて、全国の保育者や保育に携わる教育関係者を対象にした保育専門誌の一つに、フレーベル館が毎月発行している「保育ナビ」という雑誌があります。その3月号で、緑ヶ丘学園の保育、教育が現在に至るまでの変遷について取り上げて頂くことになりました。

 3月号の特集のテーマは「最適解」ということで、これについては若干の説明が必要になるかと思います。本来、教育の現場に於いては、カリキュラムという計画に基づいて毎日が取り組まれているのですが、今直面している新型コロナウィルスへの対応は、私達にとって、全く予測の出来ないことであり、あらゆることが計画通りに進まない、という事態が現実に起こりました。そこで幼稚園としては、様々な問題に直面する都度、臨機応変な決断を求められることが次々と起こっているのが現状です。それでも現在、自分達が於かれている現状の中で、自分達の保育にとって「大切なことは何か」を考え、その為に私達に「出来ることは何か」ということを求めて、最善の策を絞り出す、不条理とも言える時代の中で多様な視点を持って柔軟に対応する姿勢の重要性について考えることがそれぞれの園における最適解へのヒントになるのではないかと言うことが提起されております。記事は座談会と言う形でしたが、当学園からは、私の他にはやし幼稚園の難波香織園長、難波忠弘副園長の3人が参加し、コーディネーターは一昨年、学園子育て教育講演会でご講演頂いた青山学院大学、教育学部名誉教授の小林紀子先生でした。

 概要は、私とはやし幼稚園の園長が40年近く前に他園を見学し、その園の子ども達の伸び伸びとした姿や自分の役割を理解しその責任を果たそうとする主体的な姿に感動した思い出話から始まりました。それから、自園の子ども達にも目を輝かせて園生活を送って欲しいという願いをもち、保育内容を見直してきたこと、またその保育の変化についてその意義をどのように保護者に伝えてきたか、更に両園の園舎の建て替えを、子ども達にとって少しでも良い保育環境となるように、工夫を凝らしたこともお話しさせて頂きました。このテーマを提起された小林紀子先生は、最適解を解くポイントとして、共に同じ想いで保育に携わる教職員や大切な我が子を託して下さっている保護者、さらには地域の人達との信頼と連携の大切さを指摘して下さいました。そして、理想の保育を形にする為には、多様な対話と強い意志の力が必要である、ということも明示して下さいました。改めて私達のやるべきこと、進むべき方向が見えてきたような思いに至りました。今後も微力ながら、より良い保育を目指していく所存です。

 さて、子ども達は寒さにも負けずに元気に外で遊ぶ姿があり、集団生活においてもしっかりとした足取りで自分たちの目指す方向に向かって仲間と共に歩んでいけるようになりました。子ども達の伸びる力を信じて“みんなで考えてごらん”とか“自分の考えたようにやってごらん”と促してあげる方が、子ども達は張り切って取り組む姿を見ることが出来ますので、この様な機会を大切にしていきたいと思います。また、上旬には生活展があります。この一年間の主に描画を通しての表現活動の一端をご覧いただきます。

 更にこの一年間の園生活を振り返って生活のまとめをしていきたいと考えています。特に年長児は、この一年間仕事として担ってきた当番活動を年中に引き継ぐだけでなく、小学校生活にスムーズに入っていけるように、此れまで身に付けてきた集団生活の中で守らなければならないルールを一つひとつ確認していきたいと思います。そして、残り少なくなった今のクラスでの生活を、大切にしていきたいと考えます。



posted by 管理人 at 08:53| 園だより