2021年02月26日

3月園だより

ブログアイコン.jpg


 このところ季節を疑うような暖かい日が続いたせいか、園内の梅の木も満開となり、一層春の到来を感じさせてくれます。そして、それに呼応するように子ども達の遊びも一層盛り上がると同時に、個々の子ども達の成長を強く感じさせてくれています。年長児は、先日の生活展の協同製作の過程では、保育目標として掲げてあるように、自分の役割とやるべきことを理解して取り組む姿の中に、自信が裏付けされていると感じました。又、その合間にクラスに関係なく誘い合って始めるドッチボールでの姿など、一段と成長した姿に驚きます。年中児は年長さんから引き継いだ当番活動にとても意欲的に取り組んでくれていますし、その他の遊びにおいても、仲間と誘い合って一つ一つ考えながら遊ぶ姿を見せてくれます。そして年少や満3歳児の子ども達も、幼稚園という環境を十分に理解し、時に仲間とも誘い合って実に楽しそうに遊ぶ姿があります。

 一方、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために再度発令された緊急事態宣言の終了期間が近づいてきました。皆様の自粛が功を奏して、新規感染者の数が減少していますので、予定通り解除されるのではないでしょうか。また、ワクチン接種も始まりましたので、このまま終息に向かうことを願うばかりです。そんな中、年長さんにとっては、幼稚園で過ごす時間も残り少なくなりましたので、一日一日を大切に過ごし、楽しい思い出を重ねていきたいと思います。その子ども達がコロナを脅威と思えないようになるには、後数年かかると考えられますが、その間に於いても、我が子が我が子らしく、伸びやかに育っていくためには、家族の存在と周りの人達の理解が欠かせません。また、その為には、家族から積極的に発信することが必要になるかもしれません。更に、幼稚園や学校、或いはお友達との関わりの中で、心が折れそうになる事もあるかもしれませんが、その痛みや悲しさを和らげることが出来るのは、身近な存在である家族だと思います。その様に考えてきますと、家族の存在はとても大きいと言えるかも知れません。どうぞ、引き続き我が子の様子を注意深く見てあげて頂ければと思います。

 さて、幼稚園では今週から年長の子ども達は、卒業遠足に向けての活動が始まっています。最初に各クラスで話し合いがもたれ、4グループを作るところから始まりました。翌日からはグループと一緒に行動する保育者も加わり、グループ名や当日どんなことを大切にしながら過ごすかなどの話し合いが行なわれます。そして3日目からは、より具体的な話しあいとなり、当日どんな動物を見ていくのか、順路はどう回ったら良いかなど、案内図を見ながら話し合われます。当然、その過程では動物図鑑を見あって動物の特徴であったり、それぞれが動物への興味を出し合ったりもします。幼稚園最後の行事ということも意識しての活動となりますので、今後の話し合いが楽しみです。

 最後に、このお便りも早いもので今年度最後の号となりました。子ども達はこの一年特に行事等では例年通りにいかないことも多くありましたが、私達は日々影響が最小限になる様に色々工夫を重ねてきたつもりですが、この事を短期的な視点だけで捉えるのではなく、もしかしたら子ども達が大きくなって、幼稚園時代を思い返したときに、運動会の時に“応援旗”を製作してくれたことや、クリスマス会の時に、映像で絵本の読み聞かせや、心のこもった素敵な歌声を届けてくれたことと同時に励ましてくれたことなどを思い出してくれるかもしれません。そして、忘れてはいけないのは、みどりの会執行部の皆さんに、「みどりの会新聞」を発行して頂き、園での我が子の生活を見る機会が持てない保護者に、幼稚園で行なわれている子ども達の生活や活動などを紹介して下さったことです。改めて、今年度みどりの会の役員を引き受けて下さった皆様には、多くの制約がある中でも色々な活動を考えて頂いたことに、心から感謝を申し上げます。
posted by 管理人 at 00:00| 園だより