2021年05月28日

6月園だより

ブログアイコン.jpg
 
 先日のぼうさいの丘公園での親子遠足では、保護者の皆様に、様々な面でご協力を頂き,無事行なうことが出来ました。誠に有り難うございました。この親子遠足ですが、昨年はコロナで、その前年は天候不良で、やむなく中止となっていましたので、3年ぶりの実施ということになります。当日は、5月らしい陽射しの中で、子ども達の笑顔と元気な声が公園の中に響き渡っていました。特に近年は、私たちの園のように身近な地域の施設で、同じような内容で遠足をされている園も増えてきたようで、各学年で分散しながら使わせて頂いた広場でも、絶妙なタイミングで他園とすれ違うこともありました。そんな状況の中、大きな問題もなく、子ども達が楽しく活動できたことに、感謝申し上げます。

 さて、子ども達は新しいクラスでの生活にも慣れて、動きが随分と闊達になってきています。きっと御家庭においても元気一杯で、ときに手を焼く場面もあるのではないでしょうか。更にコロナ下では、外出もままならずに、お家の中で過ごすことを考えると、尚更ではないでしょうか。大人も子どもも伸び伸び出来ない状況が続くと、つい大きな声が出たり、いらいらしたりするのは、仕方ないことかもしれません。けれど、少し視点を変えて子どもの行動を見てみると思わぬ発見や、その行動を成長の姿の一つとして、認められるきっかけになるかもしれません。

 そこで今回は「子どもと“いたずら”」について少し考えてみたいと思います。まず、いたずらといっても、思わず笑ってしまうようなことから、親として目の前が真っ暗になってしまうようなことまで様々です。子どもがしでかすいたずらのほとんどは、ごくごく自然なこととして捉えるべきですが、その時どんな意思を持っていたずらをしたのかを見極める必要があると思います。

 子どもは次から、次へといたずらをしでかします。まさに、子ども時代は「いたずら盛り」ですが、子ども自身は多くの場合、悪いことをしたとは思っていませんし、ただ目の前に面白そうな事が、次から次へと表われるので、興味を持って、自然と手を出しているに過ぎないのではないでしょうか。そこには、いわゆる悪意などは、微塵もないのです。更に、この行為が将来にわたって続いたり、ましてや非行に結びつくこともありません。むしろ、その後の大人の対応によっては、自分のしでかしたことから、子ども自身が多くのことを感じ、学べることにもなる、大きな成長の機会になるのではないでしょうか?

 また、子どもは、自らしてしまった行為に対し、叱られてもどこか温かさを感じるときと、厳しい目を向けられて怒られるのでは、天と地ほどの違いがあることを、身を以て感じていると思います。勿論いたずらは、なんでも許されるとは思ってもいません。そこで自分の幼児期を思い起こせば誰しもが、叱られた経験があり、いつもの調子でやり過ぎてしまったことが、いくらでもあったはずです。そんな時、周囲の大人の顔色や叱られる声を通して、「いけなかった程度」を学んでいたのだと思います。子どもにとっては、面白そうだと、好奇心を働かせ、手を出した行為が、上手くいかなかったり、叱られることになってしまったり、もしかすると、結果オーライであったりすることもあるのですが、その自分がした「いたずら」自体が周囲に及ぼした影響や周りの人がどう感じているのかを、自分なりに受け止めることが、とても大切な経験になるのではないでしょうか。それは側にいる大人が、子どもがやってしまった行為を周りの人がどう感じているのか、等ということを客観的に伝えることが、大切である、ということにもなってくるのでしょう。

 さて、間もなく梅雨になりますが、特に今年は梅雨入りが早いといわれています。どうしても室内で過ごすことが多くなります。これだけでなくコロナ下で子ども達の身体を動かす機会が減っていることを考えますと、通常では考えられない怪我が多くなることが考えられます。例えば、机の角に足をぶつけてみたり、遊んでいる積み木に足を載せて転んだり、出会い頭に、お友達同士が衝突することも有るかもしれません。更に床がぬれていて、足を滑らせ通常なら手で身体を守るところが、手が出なくて顔を床に直にぶつけることも有るかもしれません。園としても危険を回避するための声かけなど、十分な対策を執っていきたいと思います。
最後に、6月の大きな行事としては、保育参観が上旬にあります。感染予防の観点から、時間をずらしての参観や複数日で実施等の形を執らせて頂きます。ご協力宜しくお願い致します。

 また、近隣の小学校から、数年ぶりに幼保小交流会のご案内が届きました。自信を胸に巣立っていった子ども達の学校での様子を見ることが出来る貴重な機会ですので、ぜひ伺いたいと思います。
posted by 管理人 at 00:00| 園だより