2021年10月27日

11月園だより

ブログアイコン.jpg

 近日、コロナウイルスによる感染者が劇的に減少しています。また25日をもって感染防止策への様々な規制が解除されました。しかし、2年近くにわたって社会活動あるいは生活全般にわたって大きな支障をきたしましたので、今後は感染の再拡大を防ぎつつ、以前のような生活を取り戻し、併せて幼稚園においても、子ども達が笑顔の中で群れて遊べる環境をさらに整えていきたいと考えています。また、先日お知らせ致しました様に、マスク着用の判断をそれぞれの保護者の皆様に委ねさせていただきました。本来マスクは周囲にウイルスを拡散させないためのものでありますが、予防の一助として必要とお考えの方は引き続き着用していただいて構いません。季節も秋本番となり活動的な場面も多くありますので、外での運動的な活動を中心に,子ども達は自然にマスクを外す事が増えていくのではないかと思いますので、ご理解のほどお願いいたします。

 さて、運動会が2週間延期となったことにより、保護者の皆様にお伝えしたいことがあります。まず、例年ですと運動会が終わるとそれまで園内のいたるところで繰り広げられていた運動的な活動拠点を少しずつ縮小していくことになるのですが、延期になったことでその活動拠点が維持されたことで、ここ最近の年長さんの中には、さらに難しい課題に取り組む姿が見られるようになりました。それだけでなく、いつの間にか年中さんが、年長の活動に混ざっていたり、年少の子ども達も、年長児達の取り組む姿をじっと見ていたかと思うと、真似をするように、少し高い跳び箱に果敢によじ登って反対側に飛び降りるなど、年長さんの見せてくれる姿から年中、年少児達が大きな影響を貰っているように感じる場面を見ることがたくさんあるのです。

 この事例でも分かっていただけるように「幼児教育は環境教育」と言われていますが、子ども自身が周囲の環境に目を向けることで、自らの興味・関心を高めたり、目の前で起きている物事の変化の過程を知ろうとしたりする事で、自分からやってみようと思う積極性が養われることが、環境を通して成長が促される姿であり、幼児期にとってとても大切なことなのです。

 11月の生活についてですが、初旬に行われていたお祭りですが、例年ならば毎年一つの国を取り上げ、その国の方あるいは長期間生活された方から、その国の伝統・文化・生活、そして子どもの姿などのお話を親子で伺い、各クラスごとにその国に対するイメージを膨らませながら、その国の特色を捉えた環境を親と子、先生の三位一体で作る活動を続けておりましたが、昨年はコロナによる影響もあり、全く違う形で子ども達は活動を行いました。新しい活動の期間は「わくわく週間」としますが、最大の特徴は、今までのクラス単位での活動ではないということです。まず、各学年のクラスを解体し、8つのグループに分け、子どもたちはその8つのグループの中で自分たちのやりたいことを考え合い、相談しながら生活を共にする、という取り組みです。学年やクラスの枠を超え、自分がたまたま入ったグループの仲間と、生活を通して主体的に活動することで、様々な関わりが生まれ、縦割りだからこそ見られる子ども達の良さが現れ、充実した保育活動になりました。今年も約2週間に渡って行っていきたいと思います。(詳細は後日お知らせいたします)。
 
 またそれが終わると、12月初めにある「めばえの会」に向けて、クラスでの活動がスタートします。ところが、今年は運動会が2週間ずれたことにより、10月後半以降に計画されている行事や活動が、後ろへとずれ込むことになります。そこで職員会議において検討した結果、12月の第1週に予定されている「めばえの会」を一週遅らせて11日に実施させていただくことに致しました。ここで保護者の皆様のご理解をいただくことで、2学期後半の生活全般にゆとりが出てきますので、一つ一つの活動を丁寧に・じっくり進めていきたいと考えておりますので、何卒ご協力の程、よろしくお願いいたします。  
posted by 管理人 at 15:00| 園だより