2021年11月26日

12月園だより

ブログアイコン.jpg

 12月は一年の最後の月ということで、この一年を無事に過ごせ新しい年を迎えることが出来るという期待が持てる時期でもあります。またクリスマス、年末年始を迎えるということで、子ども達にとってもワクワクする行事が目白押しです。そこでお子様もサンタさんやお父さんお母さんからのプレゼントにも期待が高まるわけですが、今回はそのプレゼントについて少し考えてみたいと思います。

 私たち同様、子ども達もコロナ禍で不自由な生活だったと考え、いつもより高価なプレゼントを、と考えがちですが、その思いと子どもにとって本当に必要なものとに、差異があるとすれば、どんなものが適しているのでしょうか?そこで思いつくものは、「子供が欲しいものを」と考えるわけですが、売り手側の思惑に乗るのではなく、我が子がプレゼントに出会って玩具とどの様に関わって欲しいのかという観点で考えてみると良いでしょう。満3歳や年少児は、扱いやすいもので手元にある玩具と併用できるとか、色を選べるなど子どもの意思で形が変えられるなどのアイディアが生まれてくるものはどうでしょうか。年中児も年少児とあまり変わりませんが、お友達との関係も広がりますので、ブロック等のように一緒に遊べるものや、日常の生活の中で実際に使っている台所用品や、お母さんが持っていらっしゃるスカーフやポシェットなどに手を加えるのはどうでしょうか。子どもは本物を喜びますし、お友達とさっそくおままごとが始まりそうです。そして、年長児になりますと年中より、より立体的なものを作ったり、長い時間遊ぶこともでき、更に目に見えない部分も想像しながら作ることが出来ますので、積木による立体的なビー玉コースなどのような構成力と想像力を働かせられる玩具はどうでしょうか。さらに、友達と分担して活動を進めることもできますし、違った素材でも目的に合った使い方が出来るようになっていますので、私たちの意識も柔軟性が必要かもしれません。そのように考えてきますと、既成の玩具だけでなく私たちの身の回りにある自然物なども、同時に活用できると考えますと、更に遊びの幅が広がります。また、年長児は「自分のなまえカード」を作って日常の生活の中でことばを見つけたり、お友だちのカードと合わせて新しい言葉を作ったりしています。その延長としてかるた遊びも楽しめるかもしれません。あくまでも文字に触れる体験として楽しんでいただければと思います。

 さて、先月のおたよりでお知らせしてあるように、予定より一週間ずれて「めばえの会」をおこないます。詳細は改めてご案内いたしますが、昨年同様にコロナ対策を取っての開催とさせていただきます。内容として、年長児はこれまで経験した出来事や絵本などの空想の世界で楽しんだことなどを、子ども達がそれぞれに出し合いそれらをつなげた大冒険物語を、年中児は、一人一人が選んだ楽器をリズムに合わせて奏でることで、結果として素敵なハーモニーへと変化する合奏とわらべ歌に挑戦します。そして年少児は、お帰りの会などに保育者から読んでもらっている絵本の中から、自分たちで選んだお話の世界を劇で表現してくれます。当日は原則保護者の方のみのご出席をお願いいたします。

 そして、学期の最後にはクリスマス会があります。子ども達によるクリスマスソング、キャンドルサービス、演奏、更には、コーラス隊・読み聞かせのお母様方の出演も予定され、この日は日常と全く違った幻想的な日となる事でしょう。そしてクライマックスは、サンタクロースがソリに乗って登場します。子ども達へのプレゼントと合わせて夢と幻想の世界に浸ります。同時にこの一年間“自分なりに頑張ったこと”“いい子でいたこと”が、保護者をはじめ周りの大人たちから認められることが大きな自信となるはずです。

 さらに、下旬になると冬休みを迎えます。子ども達にとって楽しい行事が続きます。どうぞご家族で楽しいお休みをお過ごしください。

 最後になりましたが、皆様にとりまして、健やかな新年となりますことを祈念しております。

posted by 管理人 at 15:00| 園だより