2022年01月13日

1月園だより

ブログアイコン.jpg

 明けましておめでとうございます。冬休みを迎える頃には、新型コロナウイルスも新たな変異株であるオミクロン株の感染拡大が若干みられましたが、一方で重症化率が低いのではないかといった見解も出ていましたので、このお休みを利用して故郷への帰省や家族旅行をされた方も多かったのではないでしょうか?ところが此処へきて、オミクロン株の感染者が急増し幾つかの県では蔓延防止等重点措置がとられました。

 そこで関連記事を読みますと、1万年前から人類は感染症と関わりがあり、現在約170万種のウイルスが存在し、そのうち最大で82万種が人間に感染する可能性があるそうです。各国の専門家は人間が自然の一部である以上ウイルスなどの病原体と共生し、付き合っていかざるを得ないので、今後は感染症の発生が頻繁に起こることを予想した上で、できるだけ人的・社会的被害を減らす努力をしていく必要があると考えているそうです。

 幼稚園としては、予防接種の普及や薬の開発が進む一方で、社会の認識が風邪やインフルエンザと同じような病気となることを望むことになりますが、もうしばらくは幼稚園でクラスターとならないように、最大限の予防に努めていきたいと考えます。

 さて、例年より少し長い冬休みとなりましたが、子ども達からの楽しいお話ひとつひとつに耳を傾け、喜びを分かち合うことから3学期が始まります。また、お正月という日本独自の行事を子どもたちと楽しむだけではなく、次代へと繋げていって欲しいと考えています。そのためには、独楽回し・羽根つき・凧あげ、あるいはカルタ遊びやすごろく、さらにはお餅つきなど昔から脈々と受け継がれてきた伝統行事や遊びを、子ども達がしっかりと遊び込むことだと思っています。例えば独楽では、昨年もこの紙面でお伝えしましたように、回せるようにならないと本当の面白さや魅力が分かりません。凧あげもそうです。先日、アイアイの子ども達とぼうさいの丘公園に出かけて、遊具で遊んだ後、広場で凧あげも楽しんできました。その日は風があって凧は上がりやすかったのですが、風の強さによって凧の角度を微妙に変えたり、しっぽの長さを変えることでより安定することもあります。そういった些細なことは、遊びを重ねていくことで少しずつ学んでいくことだと思います。それは他の遊びでも同じことがいえます。子ども達には何かしら「面白そう!やってみたい!」といえるものと出会い、そこから何度も失敗や悔しい思いをしながらも、周りのお友達や保育者から励まされ練習を重ねて出来るようになると、今度はさらに高みを目指していろいろ工夫をするようになります。そこまで来て初めてその遊びを習得したことになります。

 3学期は、1年のしめくくりともいえる学期です。1、2学期の生活の中で子ども達はいろいろな遊びに出会い、頑張ったものが沢山あるはずです。そういった遊びを経験した子ども達はこれから始まる生活の中で、今まで以上にこれまでの遊びや、新しい遊びに積極的に取り組むことができ、頑張ろうという意志が育ってきたと言えるのではないでしょうか。また、それを信じて励まし背中をそっと押してあげるのが、私たち大人の役割になります。ただ、すべての子が一斉にそうなるかと言うとそんなことはなく、一人ひとりみな違いますので、よく子どもたちの姿を見ていくことが大切になります。

 最後に、今学期はあっという間に過ぎてしまいますが、3月には子ども達がそれぞれに自信と期待を持って卒園や進級が迎えられるように、一日一日を大切にしていきたいと思います。保護者の皆様には、今学期も変わらずお力添えを頂きたいと存じます。よろしくお願いいたします。




posted by 管理人 at 11:00| 園だより