2021年10月01日

10月園だより

ブログアイコン.jpg
 
 今月末をもって、非常事態宣言が解除される方向で、政府内で検討されていることを受けて、保育現場としては峠を越えた感じがありますが、感染防止への意識は引き続きしっかりと持ち続けなければいけないと考えます。

 さて、私たちの生活において、これまで意識や行動に多くの制限や自粛が求められてきました。ご家庭においてもご苦労が絶えなかったことと思います。家の中にいる時間が増えたことで、我が子が少しでも快適に過ごせるように、玩具やゲームを買い整える等もされてきたのではないでしょうか。そこで、少し危惧することは、“室内での生活に何の疑問も感じなくなるとか、戸外に出ること自体を嫌がることにならないでしょうか?”ということです。そこで、子どもの主な生活の場は「戸外」だと共通理解したうえでいろいろな場面を考えてみますと、陽だまりのくぼ地でままごとをしたり、木漏れ日の中で木の実や虫探しに夢中になって遊ぶ経験は、自然の懐に抱かれて、安心して遊べた経験として心に記憶されるのではないでしょうか。

 また、雑木林の中を探検しているときに、突然心細さや恐怖感を感じることもあるかもしれません。そんないろいろな経験を通じて大自然の多様性を実感することと同時に、優しさ、温かさ、更には対象物を正しくとらえようとする知恵も働くだけでなく、大切にする心も育つのではないでしょうか。さらに、戸外では仲間との交流もあります。兄弟であったり、近所のお友達かもしれません、子どもは仲間とのかかわりの中で、時に頼りになる存在であったり、その逆もあるかもしれませんが、そこでもいろいろな経験を共に重ねる同志でもあります。

 また、自然から遠ざかってしまうと、自然の中にあっても目の前に咲いている花に関心がもてなかったり、小さな生き物の鳴き声や姿に関心を示さないなどの、弊害が出てきたりしないだろうかと危惧してしまいます。

 間もなく季節は秋本番を迎えます。そこでお伝えしたいことは、屋外での活動に適した季節でもありますので、家族なり、お友達同士で誘い合って、戸外で体全体をフルに使ったり、少し足を延ばして豊かな自然の中で、遊ばれたらいかがでしょうか!自然の中で十分に遊んだ我が子の顔は、きっと輝いて見えるはずです。

 さて、10月になると運動会が予定されています。すでにお知らせしてありますように、午前日程での実施とさせていただきます。これから一日一日を、一人ひとりの意欲を大切にしつつ、クラスの一員として自分が出来ることを皆のために頑張ろうといった意識なども、今回の行事を通して育めればと考えています。そして、当園の運動会はそれが終わったから活動も終わりということではなく、そのあとも引き続き運動的な活動を意識した生活を心掛けていきます。また、今月は園外保育や芋ほりなど、季節を直に感じる行事が計画されています。さらに、幼稚園は集団生活を学ぶ場でもありますので、園外に出掛けた機会を利用して、自然を皆で楽しむこと、大切にすることと同時に、そこで出会った人への挨拶など、人としての振舞なども体験してきたいと思います。


posted by 管理人 at 00:00| 園だより