2022年11月30日

12月園だより

ブログアイコン.jpg

 4年に一度のサッカーの祭典、ワールドカップカタール大会が開催しました。
 サムライジャパンは初戦でドイツと対戦し、前半こそ先制点を許しましたが、後半になるとフォワードの選手を次々と投入し、堂安選手と浅野選手が見事なプレーを見せてくれました。過去4回の優勝国から、それも逆転による勝利を収めた23日は、本当に興奮してしまいました。この原稿を書いているときは次のコスタリカ戦との勝敗が出ていませんが、サムライジャパンなら勝利は確実と信じています。日本は7大会連続でワールドカップに出場していますが、いまだ決勝リーグに進出はしていませんので、次なる目標である決勝リーグでも、森保監督の下で世界と戦うサムライジャパンの活躍を応援したいと思います。

 また、先日ワンデーショップが園庭で行われました。コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの開催となりましたが、当日はいくつものお店の出店やお買い物で園に足を運んでくださった方も多くいて、賑やかなひと時となりました。そして私たち職員の出店依頼もありましたので、「むかしあそびのお店」をだし、独楽・ベイゴマ・めんこ・けん玉等の昔あそびに触れるコーナーを作りました。これらの遊びは昭和40年代頃まで子ども達の中で盛んに遊ばれていましたが、次第に電子ゲームへと子どもの遊びが変化していきました。昔あそびの良いところは、わらべ歌遊びでも言われていますが『昔とった杵柄』になる、という事ではないでしょうか。一人でも勿論できますが、仲間とそれも皆が同程度に使いこなす力がないと遊びが盛り上がりません。そこで仲間同士でやり方やこつを教え合い、お互いの腕を磨きます。持ってなければ貸し借りをして、自然に友達同士の絆も強まっていくことになります。幼稚園でも年末から新年にかけて、独楽や凧、カルタ等の昔あそびが盛り上がっていくことになるでしょう。

 さて、めばえの会が今週末に行われます。開催にあたって皆様でコロナウイルスの感染拡大に配慮しつつも、子ども達が楽しく活動する姿をご覧頂きたいと考えています。
 
 年長組は創作劇を見て頂きますが、これまでの経験や自分なりに思い描いた空想の世界を、お互いに出し合うだけでなく、相手の意見にも耳を傾けながら、皆で一つのストーリーを作り上げていく遊びに夢中になっています。

 年中組は、合奏、わらべうたそして歌に挑戦します。子ども達が年中に進級して間もなく年長さんたちがお誕生会で合奏をして祝福してくれる機会がありました。先月のお誕生会では職員が手作りの楽器も取り入れての演奏をして、皆で楽しむ機会がありました。そういった音楽に触れてきた子ども達は、新しい音を見つけたり、音が合わさる楽しさを感じたりしているところです。

 そして年少組ですが、事前に職員間で話し合いの機会があり、子ども達が普段からごっこ遊びを楽しんでいる姿を、より自然に皆様にご覧いただく為にはどのようにしたらよいのか話し合った結果、会場の設えなどを若干変え、幕が開いてからスタートするという事ではなく、子ども達が会場に入るところから見て頂くことに致しました。そのために当日は入室を職員が誘導致しますので、ご協力をよろしくお願いいたします。
どの学年も年齢に則した表現活動として捉えて頂き、温かく応援して頂けたらと存じます。なお、めばえの会については、後日冊子が出されますので、そちらをご覧ください。

 そして、今月の下旬になりますと冬休みを迎えますが、このお休みはクリスマス、年の瀬、お正月といった行事が続くお休みでもあります。クリスマスは幼稚園でもサンタクロースの登場やプレゼント等もありますが、これらは夢と空想の部分を大切にしております。サンタクロースからプレゼントをもらえることは、子どもにとって一年間「自分が良い子だった」と保護者を始め周囲の大人達から認められることであり、それが大きな自信にもなるのだと思います。

 このお休みにはコロナ対策も取りつつ、故郷に帰省されたり旅行に出掛けたりするご家庭もあるかと思います。日頃忙しくしているご家庭では、家族の温かさを実感できる良い機会と思いますので大切にお過ごしください。そして、子ども達にとってお正月(年神様をお迎えする年中行事の一つ)など日本古来の伝統文化に触れる機会でもありますので、一つ一つの行事や習慣をお子様に伝えて頂くことも大切なことだと思います。

 どうぞ、ご家族揃って健やかな新年を迎えられますよう願っております。また、保護者の皆様には、今年一年沢山のお力添えを頂きましたことに、職員一同感謝を申し上げます。良いお年をお過ごしください。
posted by 管理人 at 14:23| 園だより