2023年12月25日

アイアイクリスマス会


こんにちは。緑ヶ丘学園です。

今日は、冬休み中の預かり保育アイアイのクリスマス会の様子をお伝えします。

DSC05365.JPG

学園傘下の三園、厚木緑ヶ丘幼稚園、はやし幼稚園、ちいさなおうちの
お友達がみんな揃いました。

DSC05390.JPG

はやし幼稚園の沼田先生のピアノ演奏。
♪はなのワルツ♪
DSC05399.JPG
みんな、妖精が躍っている様子を想像しながら曲を楽しんでいました。

DSC05422.JPG

DSC05402.JPG

厚木緑ヶ丘幼稚園の光平先生と、バイオリンの飯田先生が、ヴァイオリン演奏♪「ノエル」
♪「アヴェ・マリア」は、お二人のヴァイオリンと、沼田先生のピアノで荘厳なクリスマスの雰囲気を味わうことができました。

DSC05439.JPG

アイアイの先生たちのハンドベル演奏
ホールに温かい音色が響きました。
DSC05446.JPG

DSC05459.JPG
12月お誕生日のお友達と学園長先生へ
お歌のプレゼント♪
わらべうたの勝俣先生も参加してくださいました。

DSC05474.JPG
DSC05485.JPG
DSC05516.JPGDSC05524.JPG

最後は、お友達も鈴を持って、演奏に参加♪
みんなの大好きなクリスマスソングを楽しみました。
DSC05574.JPG

幼稚園の垣根を越えて、今年最後のアイアイのお楽しみができました。

アイアイの時間は、家庭的で温かく、子どもたちが安心して過ごせる保育でありたいと思います。

よいお年をお過ごし下さい。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 管理人 at 16:09| 緑ブログ

2023年11月07日

学園主催講演会のお知らせ

おはようございます。
緑ヶ丘学園です。

表題の通り、11月14日(火)に緑ヶ丘学園主催の教育講演会を下記の通り行います。
また、今回は講演会後に講師である鈴木先生が個別での教育相談を受け付けて下さいます。

講演会はどなたでもご参加できますので、多くの方のご参加お待ちしております。

教育相談は事前申込制ですので、ご希望の方は園までご一報ください。
※申し込みが多数の場合、抽選とさせて頂きます。

未就園児とご一緒の参加も可能です。
保護者の方がお話を聞いていらっしゃる間、職員が同じホール内でお子様をお預かりいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日時  11月14日(火)10:00 〜 12:00

場所  はやし幼稚園 ホール

演題  家族でできるかんたん子育て
    ーほめるでなく、叱るでなくー

講師  臨床発達心理士 鈴木 敦子 先生 

講師紹介
東京大学大学院教育学研究科修了
教育学修士 臨床発達心理士
現在は神奈川県私立幼稚園連合会 教育相談員として、また東京都の特別支援教室巡回相談心理士として幼稚園、小学校、中学校を訪問、助言。
たくさんの幼稚園、学校へ赴き、ちょっと気になる子へのアドバイスも行う。

※この講演は厚木市教育委員会より後援を受けています。
※講演会後の13:00〜より、教育相談を行います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

posted by 管理人 at 13:14| 緑ブログ

2023年11月01日

あつぎSDGsパートナー登録

みなさんこんにちは。
この度、学校法人緑ヶ丘学園は、「あつぎSDGsパートナー」として登録されました。

29_SDGs.JPG

先日、理事長の代わりに、はやし幼稚園副園長 難波忠弘が登録式に伺い、厚木市長山口氏より登録証を受け取りました。

あつぎSDGsパートナーとは、SDGsの理念を理解し、達成に向けた取り組みを進める機関であり、
市との連携を深め、SDGsの達成や地域課題の解決に向けた取り組みを行うものです。

当学園での取り組みの一部を紹介いたします。
<目標12_つくる責任つかう責任>
当学園では、日常の保育の中で空き箱・廃材を利用した工作の活動を40年ほど続けております。
リサイクルという言葉が一般的でなかった時から、空き箱類(廃材)を捨ててしまうのではなく、
何かに見立てて遊んだり、組み合わせて創造したり、子どもの発達に適した教材と考え、保育の中で活用しております。
これは子ども達に人気の遊びであり、保護者の皆様もその意義についてご理解いただいていることもあり、
職員が自宅から集めてくる空き箱のみならず、
子ども達の各家庭からも、よく空き箱を寄付してもらっています。
子どもたちが空き箱から作るのは、大切な宝物だったり、遊びの道具になったり、虫を飼ったり、想像の世界の入り口であり、創造という無限大の可能性に満ち溢れています。
また一方で、保育室には”もえるゴミ””プラスチックごみ””かみごみ”が分別できるようにゴミ箱を3つずつ用意しており、年少さんでもきちんとごみの分別を行っています。
消費ばかりではなく、物が循環する社会が実現できるよう、
子ども達の身近な生活の中で作ったり、使うこと、それをそのあとどうするのか、、、
子ども自身も考えていける保育を目指し、日々取り組んでおります。

<目標15_陸の豊かさも守ろう>
当学園では、2021年度から、地元の花の定期購入(サブスクリプション)を行っています。
具体的には、一般的な花農家で栽培した花のうち、規格外とされた花は市場に回らず、農家様において処分されており、その処分量は全体の15%に上るといわれているとのことです。
そこで、そうした花々を当学園で定期的に購入し、園児が四季折々の花に囲まれる日々を送ることを考え、厚木市役所・JAあつぎ・厚木市内の花農家の皆様と協力して活動しております。
現在、園内に咲いている花々はそうした花農家の方々から購入したものです。
幼稚園にいらした際は、少し立ち止まって花壇やプランターに植えられた花々をご覧ください。色鮮やかな花が気持ちを華やかにしてくれますよ。

その他にも、持続可能な社会を作るため、子ども達が生きていく社会をより良い物にしていく為に、
学園としてできることをしっかりと行っていこうと考えております。
posted by 管理人 at 15:32| 緑ブログ